バス釣りでパンチングやフロッグにおすすめのPEラインの太さ!

バス釣りでパンチングやフロッグにおすすめのPEラインの太さ、PEラインを使用する理由、PEラインを使用する際の注意点などをご紹介させて頂きます。

 

初めてPEラインを使用して、パンチングやフロッグに挑戦したい方におすすめの記事です。

 

この記事で分かる事!

・パンチングやフロッグで使用するPEラインの太さ。

・PEラインを使う理由。

・PEラインを使用する際の注意点。

 

 

パンチングやフロッグにおすすめのPEラインの太さ!

 

パンチングとフロッグ兼用タックルであれば、80lbのPEラインがおすすめです。

 

カバーの濃さによっても変わりますが、フロッグのみなら55lb~60lb、パンチングのみなら80lb~100lb程度がおすすめです。

 

琵琶湖等で大型のブラックバスを狙う際は、100lb以上の使用をおすすめします。

 

パンチングやフロッグにPEラインを使う理由

 

パンチングやフロッグにPEラインを使用する理由ですが、PEラインの特徴として、

 

・同じラインの太さで強度が高い。

・伸びが少ない。

・感度が良い。

・水に浮く。

 

といったところが関係しています。

 

フロッグやパンチングは基本的にカバー周りの釣りで、フロッグに関しては太軸のフックの場合が多いです。

 

ナイロンラインやフロロカーボンラインを使用した場合、ラインが伸びるとフッキングが決まりにくくなります。

 

ブラックバスをかけてから引き寄せる際もPEラインの方が強引に寄せることが出来ます。

 

また、ラインに弛みがなければ感度が高い為、アタリが分かり易く水に浮くので、フロッグなどのトップウォーターとの相性が良いです。

 

PEライン使用の際の注意点

 

PEラインを使用する際の注意点として、リールのスプールに直接PEラインを巻いてしまうと、滑ってしまい空転してしまうので下巻きをした方がよいです。

 

また、太いPEラインを使用するフロッグやパンチングの場合、ショックリーダーを使用する必要は特にありません

 

ショックリーダーを使用するメリットは、キャスト時や魚を掛けてからの衝撃吸収やPEの弱点である根ズレ、魚のバラし等が軽減される点です。

 

デメリットとしては結ぶのに少し手間がかかる事や、結び目からのすっぽ抜け、強度の低下、結び目が太くなる等です。

 

太いPEラインは簡単には切れない為、ショックリーダーに関しては必要だと思えば使用して下さい。

 

細いPEラインを使用する場合は、ショックリーダーの使用をおすすめします。

 

PEラインと同等の強度か若干低い強度のラインをショックリーダーにするのがおすすめで、ナイロンライン、フロロカーボンラインのどちらも可能です。

 

まとめ

 

PEラインでの釣りは、ロッドやリールにも大きな負担がかかります。

 

ラインだけではなく専用タックルを使用する事を推奨します。