秋バスは釣れない?9月10月のレンジやポイントは?

秋は気温の上昇が落ち着き、釣り人にとっては釣りやすくなってくる季節ですが、バス釣りに関しては、難しいという方もみえる季節になっています。

 

秋のバス釣りが苦手な方や秋バスが釣れない方は9月10月のバス釣りで、どんなレンジやポイントを攻めるべきか確認していきましょう。

 

この記事で分かる事!

・秋バスがどうして釣れないと言われるのか。

・9月10月に攻めるべきレンジやポイント。

・秋バス釣りにおすすめのルアー。

 

 

秋バスはどうして釣れないのか?

 

秋バスはベイトを追いかけて広範囲にブラックバスが散る為、難しくなり釣れないといわれています。

 

また、晩秋になると気温の低下とともに水温が低下し、底にたまった水と表層付近の水が混じるターンオーバーという現象が起こり、水質がわるくなる為です。

 

今回は秋でも9月10月に攻めるべきレンジやポイントを確認していきましょう。

 

9月10月に攻めるレンジやポイントは?

 

9月10月といった秋のバス釣りでは、水温が下がりブラックバスがベイトを追いかけ始めるので、ベイトがいるレンジやポイントを把握する事が重要です!

 

どの季節でもベイトは重要なファクターになりますが、特に秋はベイトに注目すると良い結果が得られると思います。

 

レンジはベイトのいるレンジ、ポイントは岬やターンオーバーにも強い水の流れがあるポイント、ブレイクがおすすめです。

 

9月の上旬に関しては、まだまだ暑く夏のイメージが強い場合があり、いろいろ状態のブラックバスがいます。

 

水温の変化にあわせて、ディープや流れ込み、シェードなど夏の定番スポットもチェックしていきましょう。

 

秋のバス釣りでおすすめルアーは!

 

秋のバス釣りでおすすめのルアーは、広範囲を探れる巻物をメインにしていきましょう。

 

おすすめはレンジの調整がしやすいスピナーベイトやスイムベイト、バイブレーション、メタルバイブレーションです。

 

レンジがわかれば、レンジキープしやすいクランクベイトやスローに誘えるミノー、シャッド、プロップベイトといったルアーも有効です。

 

まだ暑い9月の上旬やブラックバスがいるエリアを絞れた場合は、ワームなどが有効な場合もあるので、メインは巻物ですがフォローでワームの使用も検討しましょう。

 

数を釣りたい方はマッチザベイトで、ルアーのサイズを調整しましょう。

 

また、リトリーブスピード、アクションの付け方も模索すると釣果につながります。

 

釣れない時はリトリーブスピードやアクションにもこだわりましょう。

 

 

個人的におすすめのルアー

 

 

強波動でアピール力が高く、ゆっくり引いてもブレードの回転が分かり易いスピナーベイトです。

 

また、サクサス加工でトレーラーフックなしでもフッキングが決まる為、手軽に使えおすすめです。

 

 

スイミングでもフォールでもテールの動きが良く、食わせる能力が高いおすすめのワームです。

 

横の釣り以外にも縦の釣りもこなすので、非常に使い勝手がよく重宝しています。

 

まとめ

 

秋のバス釣りはベイトを追いかけると好釣果につながります。

 

おかっぱりの場合はアピール力の高い巻物で広範囲に探っていきましょう。

 

ターンオーバーについては以下の記事もよろしくお願いします!

 

こちらの記事もどうぞ!www.okappanon.com